DESIGNデザイン

FACADE 街並みに映える美しい外観。
桜咲く公園と
調和した佇まい。

外観完成予想CG
外観完成予想CG

この街に新たな風情を映し出す、
洗練された和モダンの外観。

外観は、1階共用フロアにはダークテイストのタイルを用い、その質感とは対照的に2階以上の住戸フロアにはライトテイストのタイルを採用。この地に新たな風情を映し出す、和モダンの美しい外観をデザインしました。各住戸のバルコニーには、ガラス手摺りや木質の風合いを持つルーバーを作り付け、居室内からでも公園の開放感や眺望が楽しめる工夫を施しました。1階の公園側には高中木の植栽を配して、公園の緑との連続性やエントランスホールのプライバシーにも配慮しています。

エントランスアプローチ完成予想CG

奥行きのあるアプローチは、
光と影を演出した
印象的なデザインに。

建物東側に設けた奥行きのあるエントランスアプローチは、アプローチサイドの壁面を立ち上げゲート風にデザイン。ダーク系タイルと照明を効果的に用いて、光と影の印象的なデザインにしました。アプローチ沿いには、ソヨゴやザクロをはじめとした木々を植栽し、四季の変化が楽しめる演出も行っています。さらに建物の入り口扉は、公道側からは直接見えない位置にレイアウトすることで、プライバシー性と防犯性にも配慮。32邸を選ばれる方々の価値観に寄り添う設計です。

エントランスホール完成予想CG

温もりのある空間で、
四季折々の植栽を眺める。
落ち着いた時間を過ごす
エントランスホール。

オートロックドアのある風除室は、外壁と色合いを統一した透かし積みブロックの壁が印象的。エントランスホールには植栽越しに公園を望む大きな窓を設け、シックな床材と優しい色合いの壁のコントラストが安らぎや心地よさを演出します。植栽を楽しめる窓側には、オリジナルデザインのロングサイズの木製ベンチを設置。外界とは一線を画す、温もりのある落ち着いた空間となっています。

Material 美しさと上質感が調和した
厳選のマテリアル。

「リビオレゾン三ノ輪パークフロント」の誕生は、三ノ輪の街並みの新しい風景となり、静かな存在感を語ります。1階共用フロアと2階以上の住戸フロアには異なる素材の採用やアプローチに用いた重厚感のあるタイルなど、美しさと上質感はもちろん、10年後20年後の経年美化を考慮しマテリアルを選びました。

material photo

Landscape バルコニーから公園を見晴らす角地。
前建てのない開放感と眺望が広がります。

幹線道路から一歩奥まった、落ち着いた住宅街の角地に誕生し、全戸のバルコニーからは、春には桜が美しく咲き、憩いの空間として親しまれている「東盛公園」が広がります。この前建てのない環境が生み出す開放感や眺望が、これからの暮らしに、寛ぎのひと時を演出します。

敷地配置完成予想イラスト

バルコニー前の
「東盛公園」と響き合う
表情豊かな植栽プラン。

四季折々で表情の変化を楽しめるように、多様な植栽を建物の周囲に配置。エントランスのアプローチサイドやホールからの眺めなどを意識し、一年を通じて目を楽しませてくれる樹種を選定しました。

  • モミジ

  • ヤマツツジ

  • タイサンボク

  • クロチク

Planting Design